二度染めで髪色を落ち着かせるには!?そのポイント

ヘナhenna

落ち着いた髪色にしたい。ヘナでダークブラウン(ブラック)にする方法です。その前におさらいです。ヘナ(=オレンジ)を使った場合、白髪がオレンジ色に染まります。そのあとにダークブラウン(ブラック)を使うことで、赤みを抑えてダークブラウン系(ブラック)の落ち着いた色に仕上がります。ここまではいつもと同じです。では次にいきます。一度染めでオレンジ(ヘナ100%)を白髪にしっかり入れた後、お湯で洗い流します。(この時シャンプーは不要です)すると白髪部分がオレンジに輝きます。その時、オレンジが明るすぎるかな?と感じた場合は、二度染めで髪色を落ち着かせます。

二度染めの目的は?

白髪部分がオレンジになっているので、その色を落ち着かせることだけが二度染めの目的となります。二度染めのやり方は、基本一度染めと同じです。但し髪色を落ち着かせるだけですからオレンジの部分にのみ最小限のダークブラウン(ブラック)を塗ります。そして30分後にお湯で洗い流し最後にシャンプーをします。ポイントはこの後です。以前のブログでドライヤーは使わないことをお伝えしましたが、その続きです。。

もっとも大切な「しっとりタイム」

ダークブラウン(ブラック)を洗い流した後に髪を半乾きの状態で放置することです。そしてできれば、その後に髪が乾いてきたら、お湯(水でも可)で湿らせて乾燥しない状態で空気に触れさせます。髪が濡れた状態で長く放置することがダークブラウン(ブラック)をきっちり入れるコツです。私たちは「しっとりタイム」と呼んでいます。この「しっとりタイム」をどのくらい確保するかが二度染めの成功の鍵を握となります。ダークブラウン(ブラック)は「しっとりタイム」が長いほど、髪色が暗めにしっかり入ります。ちなみにヘナ(オレンジ)の場合は染める時間が長いほどよく染まっていきますが、ダークブラウン(ブラック)の場合は染める時間が長くても、しっとりタイムが短いと発色が悪くなってしまいます。なので、二度染めした後にすぐドライヤーで乾かすことはお勧めできません。

二度染めのポイント

  • 二度染めのダークブラウン(ブラック)は洗い流した後、ドライヤーは使わずタオルで軽く拭く程度で放置する。
  • 髪が乾いてきたら、お湯(水)で軽く湿らせる。
  • 髪がしっとりした状態である「しっとりタイム」をできるだけ長くする。できれば30分以上が目安です。

以上、ダークブラウン(ブラック・ライトブラウン)で二度染めが上手くいくコツをお伝えしました。

メルマガ登録のご案内

ヘナ染め上達のヒントや、メルマガでしかお伝えしていないキャンペーン情報もありますので、是非ご登録ください。購入前のお客様でも登録することは可能です。

ご案内ページへ
ページURL