ベーシックオレンジとスーパーダークオレンジの違いについて

shutterstock_725304649.jpg
一度染めでどこまで髪色を落ち着かせるか?これはヘナ染めなテーマです。今回は一度染めで使うオベーシックレンジとスーパーダークオレンジの違いについてお話です。

ベーシックオレンジはコトバの通り、ベーシック(基本)のオレンジです。原材料は、「ヘナ」以上です。これまで一度染めとしてはベーシックオレンジのみでした。一度染めは、主に白髪部分を中心にヘナを入れます。そうすると白髪のところが明るめオレンジになります。最初は違和感あるかも知れませんが、三日位経つとオレンジが若干色が落ちいた色に変化します。例えば、ご愛用者様が10人いらっしゃると、そのうちお3~4人の方はそのまま一度染めで終わりでした。しかしながら、残りの6人の方は、「この髪色では明る過ぎるわ...」ということで、二度染めをしていました。二度染めは色合いを落ち着かせる目的だけでダークブラウン(ライトブラウン・ブラック)等を入れます。一方、私自身の望みでもあるのですが、一度染めのオレンジがもう少し落ち着いた色にならないかな・・・という想いがありました。そこで誕生したのがスーパーダークオレンジです。コトバ通り、一度染めでオレンジよりも少し落ち着いた暗めのオレンジになります。もちろん髪へのトリートメント効果はオレンジとは引けをとりません。ということから、これまで二度染めをしていた6名の方のうち2名様の方はダークオレンジだけの一度染めでいけるのでは!?というのが私たちの想いです。スーパーダークオレンジをお試し頂き、仮にそれでも明るすぎる・・という方は、やはり二度染めで髪色を調整します。

以上まとめますと一度染めはスーパーダークオレンジ(またはオレンジ)で色合いが大丈夫であれば、一度染めだけで終わります。明るすぎる色合いを落ち着かせるには二度染めで色合い調整します。一度染めでオレンジを入れて、その後お湯で一旦落とします。それから二度染めでダークブラウン(ライトブラウン・ブラック)を入れます。ご参考までにダークオレンジをお試し頂き、やはり明るすぎるかな...という場合は、次回からオレンジに戻されると良いかとおもいます。

いつものことですがナチュラルヘナの場合、カラー剤のように誰がやっても同じ色になるようなことはございません。どういう色合いになるかは髪質や状態によって個人差がでます。ナチュラルヘナの宿命ですのでご理解頂ければ幸いです。

メルマガ登録のご案内

ヘナ染め上達のヒントや、メルマガでしかお伝えしていないキャンペーン情報もありますので、是非ご登録ください。購入前のお客様でも登録することは可能です。

ご案内ページへ
ページURL