オイルとヘナの相性合う!?VS合わない!?のお話

オイル画像.jpgヘナをする際、シャンプー前にオイルを使う理由は、これまで何度かお話させていただきました。今回はその補足です。オイルを使うタイミングです。

〇一度染めの時、オイルを使います

ナチュラルヘナを使って髪を落ち着いた色を入れるには、お手間ですが二度染めをお勧めしています。一度染めできっちり色が入るのは、シャーディーヘナでいえば、オレンジ又はダークオレンジです。この一度染めをする前に、オイルマッサージをお勧めしています。オイルを入れるのは頭皮・白髪部分を中心です。(そのために、少量・複数の頭皮にオイルを使えるように少しずつでるようなノズルにしています)そうして、いつも通りヘナ染め(オレンジ・ダークオレンジ)を塗り35分~60分したらヘナをお湯で流してください。この一度染めの髪色でいいわ!という方は以上で終わります。もちろんこの後シャンプーをして頂いても構いません。

〇二度染めの時、オイルは使いません

次にもう少し髪を落ち着いた色にしたい方は、二度染めで髪色を落ち着かせます。濡れた髪を軽くタオルで拭きます。この時です。二度染めの前にオイルは使用する必要はありません。なぜオイルを使わない方が良いか?と申しますと・・・オイルはオレンジヘナとの相性はバッチリなのですが、ダークブラウン(ブラック・ライトブラウン)とは相性がよくありません。二度染めの前にオイルを使うとダークブラウン系の暗めの色が入りづらくなってしまうからです。

〇シンプルにまとめ

シンプルにまとめますと、オイルを使うのは一度染めのベーシックオレンジ・ダークオレンジのみです。それ以外のダークブラン・ライトブラウン・ブラックを使う際にはオイルは使いません。これまでの経験上、このオイルを使い方をしっかりご理解いただき、実践すると「ヘナ染めのレベル」がワンランクアップするように感じます。

メルマガ登録のご案内

ヘナ染め上達のヒントや、メルマガでしかお伝えしていないキャンペーン情報もありますので、是非ご登録ください。購入前のお客様でも登録することは可能です。

ご案内ページへ
ページURL