私たちの髪は習慣でできている

shutterstock_1183447909 (1).jpgわたしは幼い頃からぽっちゃり体型で、生まれてから今まで、痩せてるね?と言われたことは一度もありません。太りやすい体質なのかも知れませんが...やっぱり食べるのが好きでした。何よりも太りやすいモノが好物でした。思い起こせば幼い頃、食後にデザートは柏餅やあんパンなど・・・食後のデザートではなく「食後の主食」といった感じでした。さすがに年齢を重ねてからは、血圧も高くなり...食事にも気を付ける必要に迫られました。どうしたら無理せず、リバウンドなく体重を落とせるか?学びました。

その結果、〈人生で初めて)人並みの体重になりました。体質や遺伝は変えることができないので...つまるところ、できることは「習慣を変えること」につきます。例えば食べ合わせです。動物性のたんぱく質とお米やうどんのような炭水化物を一回の食事で一緒に食べない・・・など。〈頂くにしても炭水化物は少量に抑える・・など〉これもちょっとした習慣です。

これ以上ダイエットのお話を続けると戻れなくなりますので、これくらいにします。                

良い髪づくりの習慣  

髪についても同じことがいえます。ヘアカラーにパーマをしても、あまり影響を受けない人もいます。つまるところ、それが体質(遺伝)なのかも知れません。なので人様のお話しは参考にはなっても、体質も体調態も一緒ではないので比べることはできません。あくまでも自己ベストの髪です。そればかりか年齢を重ねいくと現状維持が最高の自己ベストということもあります。遺伝・体質はきっと生まれながらのものだとおもいます。なので私たちにできることは唯一習慣を大切にすることなのかも知れません。習慣は実に地味です。あっという間に。これまでにない画期的なものなど・・・存在しないと感じた方は習慣を変えます。良い髪をつくる習慣(自分史上です)は、髪ではなく頭皮ケアに集中します。私たちが考える頭皮ケアの習慣は、とてもシンプルです。①シャンプー前に頭皮をオイルマッサージする。②頭皮に負担をかけない自分に合うシャンプーをみつける。③質の良いヘナをする。④そのほかあまり余計なことはしない。以上4点になります。長くなりましたので、それぞれのやり方とちょっとしたポイントについては、改めてとさせて頂きます。

メルマガ登録のご案内

ヘナ染め上達のヒントや、メルマガでしかお伝えしていないキャンペーン情報もありますので、是非ご登録ください。購入前のお客様でも登録することは可能です。

ご案内ページへ
ページURL