ひょっとして、ヘナ染めしているのに、アルカリ性(石けん系)のシャンプーを使っていませんか?

アミノ酸系(弱酸性)のシャンプー

みなさんが日々使用しているシャンプーやコンディショナーの成分って、気にしたことありますか?オーガニック!ボタニカル!自然派!などと記載があるものでも、成分内容にはかなりの違いがあります。ヘナ染め後のシャンプーの成分次第で、色落ちしない状態を長く楽しめたり、髪質が良くなったりと、違いを感じることが出来ます。成分を少しでも知っておくとお得です。

ずばり!ヘナ染め後は、アミノ酸系(弱酸性)のシャンプーをおすすめします!!

市販のシャンプーは基本的には3つのタイプにわかれています。高級アルコール系シャンプー、石けん系シャンプー、そしてアミノ酸系シャンプーです。それぞれ、メリット、デメリットがありますので、ご自身にあった製品を使用するこが最善ですが、ヘナ染めをされている方へは、アミノ酸系(弱酸性)のシャンプーをおすすめします。天然ヘナ100%は弱酸性です。肌と髪に近い成分です。アルカリ性の石けん系シャンプーは、実はヘナとは相性がよくないのです。

成分内容をタイプ別にご説明します↓↓↓

① 高級アルコール系シャンプー

「ラウリル硫酸ナトリウム」、「ラウレス硫酸ナトリウム」、「ラウレス硫酸アンモニウム」などの合成界面活性剤が含まれます。一般的にドラックストアーなので売られている大半は、高級アルコール系界面活性剤を主な洗浄成分としています。洗浄力が強く、泡立ちがよく、さっぱり感があり、比較的安価なものになります。界面活性剤の目的は油汚れを洗浄するために水と油を混ざりやすくして落しやすくする為のものです。含有量が多い為、必要な角質まではがれてしまい、皮脂の分泌が少なくなる40代頃からは、頭皮が傷みやすくなっていき、髪質、髪の量に影響が出やすくなります。

② 石けん系シャンプー(ヘナとの相性が悪いのです...)

「石けん素地」、「石けん分」、「脂肪酸ナトリウム」、「脂肪酸カリウム」などが含まれます。動物性の脂肪酸とアルカリが反応した石けんと同じ天然由来の界面活性剤を利用しているので、環境にはやさしく刺激は少ないのですが、洗浄力が非常に強くなります。髪がアルカリ性に傾く為、キューティクルが開き、染料や大切なたんぱく質が漏れていってしまいます。そのためパサパサしたりと傷みの原因にもなります。ヘナ染にはもっともむいていないシャンプーとなります。また、アルカリに傾いた毛髪を酸性に戻すためにリンスが必要になります。(石油系シャンプーのなかには弱酸性のものもあります。石油系は洗浄力が強いので、パサパサごわごわした髪をなめらかにする目的でリンスを使用することもあります。)

③ アミノ酸系シャンプー(ヘナ染め後にはおすすめです!シャーディーヘナ商品はこちらのタイプになります。)

ココイルグリシンK、ココイルグルタミン酸、ラウロイルグルタミン酸、グルタミン酸TEA、ヤシ油脂肪酸などが含まれます。アミノ酸成分で構成された界面活性剤を使用しています。他のシャンプーに比べ高価なものになりますが、低刺激の為、乾燥肌や敏感肌の方に向いています。アミノ酸は弱酸性になりますので、肌、頭皮に近い弱酸性の天然ヘナ100%と非常に相性がいいのです。使い始めはギシギシすることがあるかもしれませんが、それは界面活性剤(石油系)を多く含むシャンプーを使用していた時のシリコンが剥がれ落ちていく為です。アミノ酸系シャンプーを使い続ければ、自分の力で傷んだ髪を内側から健康に近づけてくことが出来ます。洗浄力が弱いですが、しっかりとお湯で頭皮を洗ってからシャンプーをすると泡立ちも良くなります。ただ、髪や頭皮に吸着しやすい為、成分が頭皮に残留することがあるので、シャンプー後はしっかりとすすぎをしてください。そしてリンスは特にする必要はないです。本来リンスはアルカリに傾いた毛髪を酸性に戻すために使用されるものです。アミノ酸系シャンプーは弱酸性ですから、「酸性に戻す」ということは必要ないのです。もちろん長い髪の方や手触りが気になる方は使用して下さい。

※効能、効果には個人差がございます。

ヘナ染めのベストな方法

シャンプーのお話が長くなりましたが、ここでベストなヘナ染めの方法をご紹介します。これが実践できればヘナ染め上級者です^^

まず、染める前に、頭皮のディープクレンジングをします。ハーブエッセンスオイルで頭皮をマッサージし、毛穴をきれいな状態にします。髪にもオイルをしっかり入れてください。(ディープクレンジングのみの場合は頭皮だけにオイルを塗布してください)少し置いたらオイルは洗い流さずにそのままヘナを塗布します。オイルにより根元までヘナが浸透します。ラップまたはタオルなのでしっかり髪を包んだら、30分後ヘナをお湯で洗いながします。二度染の方はシャンプーをしないで、タオルドライ後に、ブラック・ブラウン等で二度染めを行ってください。二度染めは20分程で洗い流して頂いても結構です。しっかりとオレンジが入っていればきれいに色が入ります。すべての工程が終わりましたら、シャンプーをし、しっかりすすいで下さい。また、コンディショナーが必要な方は、頭皮よりも毛先の方につけて頂き、特に時間を置くことなくよく洗い流して下さい。

最後はドライヤーで乾かす時のコツですが、髪もヘナも熱に弱いので、冷風と熱風を交互にあてて乾かすと、髪がさらさらとなりつやがでます!ぜひ試してみて下さい。夏は扇風機にあたりながらのドライヤーをおすすめします。

シャーディーヘナ商品のラインナップ

シャーディーヘナでは、ヘナ含有のアミノ酸由来の洗浄成分を使用し、ローズマリーを防腐剤として使うなどハーブのことを知り尽くした農学博士と一緒に開発したヘナシャンプーをはじめ、Aランクヘナとハーブの相性を見極めた、ヘナコンディショナー、ハーブエッセンスヘナオイルをご用意しております。ぜひこの機会にお試し頂き違いを実感してみて下さい。

メルマガ登録のご案内

ヘナ染め上達のヒントや、メルマガでしかお伝えしていないキャンペーン情報もありますので、是非ご登録ください。購入前のお客様でも登録することは可能です。

ご案内ページへ
ページURL