ヘナとは

高品質AランクヘナとCランクヘナの違い

高品質(左)とCランク(右)の違い

Aランクのヘナは、インドでは薬草=魔法の植物です

ヘナはミソハギ科の植物で、アーユルヴェーダでは薬草として重宝されています。

古代から愛される植物のエピソード

エジプトのミイラを包む布はヘナで染色されています。古代エジプトでも神聖な薬草であったことが分かります。また、クレオパトラが、アントニウスに会う前に、遊覧船の帆をヘナの花の精油に浸してその香りを楽しんだと言われています。

現代でもインドなどで、儀式の際のボディペイントに使われています。世界各地でヘナがいかに重要な植物であるかを知れば「染色剤」だけに留まらない理由があることがわかります。

ヘナは品質で仕事が決まる(薬草のチカラ)

ヘナであれば何でも良い、というわけではありません。過去、美容室を中心に「ヘナブーム」が起きましたが、その時に広まったヘナは、良質とは言えないものが多くありました。

ヘナは天然の染毛剤

ヘナの葉には、ローソニアという色素が含まれています。

この色素は、オレンジ〜赤系の色素で、酸性の溶液の中で毛髪の主成分であるケラチンに絡みつくことで、髪の毛がオレンジ〜赤に染まります。したがって、極端にダメージを受けてケラチンが流失してしまった状態の、極度に傷んだ髪の毛は、ローソニアが絡みにくく、染まりにくいと言えます。

薬草の働きを期待してヘナケアを実践するときに、重要なのは、Aランクのヘナを使うということです。Aランクヘナは良い結果をもたらしてくれます。

合成染料(染毛剤)との違い

一般的に市場に出回っているブラックヘナやブラウンヘナは、半永久染毛剤の部類です。半永久染毛剤は、髪の表面を覆っているキューティクルの隙間から、酸性染料を毛髪内部に浸透させ、イオン結合によって髪を染めるものです。

イオン結合は、毛髪のプラスイオンと酸性染料のマイナスイオンが結合することで、髪の毛を染色します。

良質なヘナの見分け方

細かい粉末状でうぐいす色。きめが細かく、抹茶のような香りで、キツイにおいはありません。使用時にお風呂に溶くと山芋のようにプルルンとしています。古いヘナは酸化しているので、溶かすとすぐに茶色になります。

また、茎や砂などの残留物がないものを選びましょう。

Aランクのヘナとその他のヘナの違い

ヘナのランクは

①ローソンの含有量
②不純物(茎、花、砂など)
③粒子の細かさ
④酸化の有無などできまります。

インドのソジャットでは、ベテランの現地のヘナ生産者が、経験と視認によってランクを決定しています。視認が有効な理由は言葉通り、「良いものは見ればわかる」からです。

また、生産、加工、保管など品質管理の手法が確立されており、日本に輸出するまでの工程と、その品質が安定しているので、日本ヘナ・シロダーラー研究会は、ソジャットのAランクのヘナを、良いヘナの基準として考えています。

ヘナは断然Aランク品質

ページナビ ▶

ページURL