ヘナに合わないシャンプー、意外にも...

shutterstock_632689160.jpg

わたしは20代後半、母が倒れ重い病がきっかけで「食べ物」について勉強しました。本だけでも数百冊は読み漁りあました。その中の一冊で環境問題の古典「沈黙の春」にも強く影響を受けました。ご存じの方も多いとおもいます。海洋生物学者・作家レイチェル・カーソンさんの書です。「春になっても,鳥の囀り、ミツバチの羽の唸りも聞こえない沈黙した春を迎えるかも知れない」という今の時代を象徴しているような予言的な内容でした。驚くことに数年前より知り合いの養蜂家に聞いても同じことをいっておりました。最近、日本各地でミツバチがぱったりといなくなったとのことです。話は横路に反れました。

そんな私なので、せっけんが大好きです。(本物のせっけんに限りますが・・・)その良さについても少しは知っているつもです。それでもあえて「ヘナ(ナチュラルヘナ)に合わないシャンプーは?」と聞かれると。まずでてくるのが、せっけんシャンプーです。その理由として、ヘナは弱酸性であるのに対して石鹸はアルカリ性だからです。従ってヘナの色落ちの原因になってしまいます。

誰よりも髪のことを想うからこそヘナ(ナチュラルヘナ)をしているのにシャンプーとの相性で失敗しないで頂きたいと希い願います。

メルマガ登録のご案内

ヘナ染め上達のヒントや、メルマガでしかお伝えしていないキャンペーン情報もありますので、是非ご登録ください。購入前のお客様でも登録することは可能です。

ご案内ページへ
ページURL